山紫水明




d0334825_22272994.jpg





d0334825_22171055.jpg




ー ZYPRESSEN春のいちれつ
くろぐろと光素(エーテル)を吸ひ
その暗い脚並からは
天山の雪の稜さへひかるのに
(かげろふの波と白い偏光)
まことのことばはうしなはれ
雲はちぎれてそらをとぶー


                          宮沢賢治  「春と修羅」より抜粋

昨日も今日も30℃をこえた

天気予報では「今日の最高気温、平年より9℃高い30℃でした」と、あっさり言うが

どこか違和感を感じるこの頃

9℃高いというのは勿論だけれど、平年気温自体毎年上がっているはず

20年も前の平年気温からみればもっと高かっただろう

慣れることの怖さを感じる

そして平均値なるもののイタズラも見抜かねばなぁ~!



                                ー雫石ー











[PR]
# by warutorawa | 2017-05-23 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(2)

里の彩




d0334825_18404314.jpg




これほど空気が澄み渡ったのも久しぶりです

これで午前11時近くだから、いかに塵が少なかったかが分かる

こういう風景を桃源郷と言うのだろうか

自分には昭和の原風景のように見えた。


                       ー花巻 東和ー


[PR]
# by warutorawa | 2017-05-21 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(2)

牧野の春 2




d0334825_20282088.jpg


d0334825_20291463.jpg


d0334825_20284345.jpg





小一時間も走れば非日常的景観に癒される

分水嶺の頂から望む空は限りなく広いが

麓の空に比べここの空は厚みがない

雲がぐっと迫ってくるからだろう

日常の空は見上げてなんぼの世界だけれど

ここはぐるりと見渡すのがいいようだ。


                         ー北上高地 寺沢ー




[PR]
# by warutorawa | 2017-05-19 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

牧野の春 1




d0334825_20474613.jpg




d0334825_20471296.jpg




d0334825_20464205.jpg




ー青ぞらのはてのはて
水素さへあまりに希薄な気圏の上に
「わたくしは世界一切である世界は移ろふ青い夢の影である」
などこのやうなことすらも
あまりに重くて考へられぬ
永久で透明な生物の群が棲むー


                  「青ぞらのはてのはて」 宮沢賢治


久しぶりにお気に入りの高原牧野へ

風も弱く空気も澄んでいた

何もないところだが

それが何とも心地よい



                              ー北上高地 寺沢ー




[PR]
# by warutorawa | 2017-05-18 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

早池峰湖の春




d0334825_23191602.jpg




d0334825_23184376.jpg




d0334825_23182272.jpg




咲き始めたツツジと山桜の共演

新緑の山々が華やいできていました

奥山も本格的に活動を始めたようです。

今年は熊さんに遭遇しないように気おつけたいものですね。



                           ー花巻 早池峰湖ー


[PR]
# by warutorawa | 2017-05-14 00:30 | 静かな記憶 | Trackback | Comments(6)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。