カテゴリ:朱の記憶( 11 )

静かに暮れ行く




d0334825_23293624.jpg




冷たい空気が入ってくると視界は澄み渡り

北国独特の静寂が辺りを支配する

梅雨の季節もすぐそこまで来ているのでしょう



[PR]
by warutorawa | 2017-06-12 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(4)

The sun sets



d0334825_22465862.jpg




ー( まばゆき夕陽の色なして 一つの息に一年は わが上方を過ぎり行く )-

                   < 美しき夕陽の色なして> 先駆型 
                                  宮沢賢治


台風が去った後は、いつも決まったように美しい景を見せてくれる

これほど甚大な被害をもたらしておきながら 何事もなかったように

恵みと試練の繰り返しを甘んじて受けるしかないのだろうか?


私がいつも楽しみに拝見させて頂いているブロガーの方の地域が孤立状態にある

無事であることを ただただ願うばかりである。


[PR]
by warutorawa | 2016-09-02 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(4)

ポピー



d0334825_21482291.jpg





d0334825_22045648.jpg





盛岡 御所湖の真っ赤なポピー

♪ 赤く咲くのは ♪

ケシ科のポピー


[PR]
by warutorawa | 2016-05-31 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(0)

静かな暮れ時



d0334825_20280877.jpg



d0334825_21200428.jpg





立ち止まり静かに眺めると、そこは情景となる

足早に過ぎ去れば、ただそこにある景色

田園の春は穏やかに暮れ行く


                   ー花巻ー




[PR]
by warutorawa | 2016-05-18 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(2)

17:45




d0334825_22045245.jpg




最近、ため息ばかりついているらしい

しかし、特に理由があるわけでは無い

いや、多すぎて気がつかないだけなのだろう!

または、そう言い聞かせてきたのかも...

考えなければそれで済むはなしだ。







[PR]
by warutorawa | 2016-04-02 00:40 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(2)

大小




d0334825_19220445.jpg





d0334825_19214171.jpg




ふつうのリンゴ



そうじゃないリンゴ


大は小を兼ねない事例。



                  年始の写真です  -北上ー



[PR]
by warutorawa | 2016-01-13 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(0)

みず紅葉





d0334825_21381741.jpg





d0334825_21383634.jpg




今年のモミジはこれで最後かな~

一杯楽しませてもらったね、ありがとさん

来年もよろしく


先週の撮り置きです、あしからず。(花巻 広域公園)


                        ―花巻、金矢ー


[PR]
by warutorawa | 2015-11-13 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(2)

深まる哀愁




d0334825_19000573.jpg





d0334825_18593028.jpg




日はつるべ落とし、もみじは落葉、彩は深い琥珀色

セピアな季節も悪くない

大人にならなければ分からない色彩もある

風の子のオブジェは”藤城清治氏”の作品です。



                          ー花巻、童話村ー


[PR]
by warutorawa | 2015-11-12 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(4)

赤い





d0334825_22104035.jpg





d0334825_22105449.jpg




日曜の午後、散歩がてらカメラを持って岩手県農業研究センターに行った。

ここは外周4キロ強の散歩コースと、その半分のショートコースがある
私はもちろんショートコースを歩いた。

ナナカマドの赤い実はいつも真っ先に飛び込んでくる、ついつい足を止めカメラを向けてしまう。
前から後ろから、上から下からいろんなアングルを探る

ジョギングや犬の散歩をしている人達が不思議そ~な顔おして通り過ぎていく
仕草が面白いんだろうなぁ~

しかしカメラを持たない時は見向きもしない実なのに、カメラを手にすると妙に気になってしょうがない

変な木の実だ。


                                   ―北上、成田ー





[PR]
by warutorawa | 2015-11-06 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(2)

日陰の彩






d0334825_11160822.jpg





d0334825_11154714.jpg





d0334825_23133792.jpg




灯台下暗しとはこの事でした。

ここは石鳥谷にある葛丸渓流です。自分の所からそんなに遠い場所
ではないため余りマークしていなかった場所です。

用事を終え帰宅とちゅにぶらり寄ってみたところ、なんと、私が今年出会った
紅葉風景のなかでも、1、2を争う程の見事さでしたねー!

川沿いに広がる広葉樹の艶やかさ、川面を流れ下る落ち葉の彩、声が出ないほど
の美しさでした。

ただ、ここは谷が結構深いので日の落ちが早いが、それが幸いして
逆に妖艶な彩を見せていました。

う~ん! 大切な物、大切な風景、そして大切な人も、実は身近にあるものなのかも!

”反省”



                               ー花巻石鳥谷ー




[PR]
by warutorawa | 2015-11-02 00:30 | 朱の記憶 | Trackback | Comments(4)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。