カテゴリ:丘の記憶( 10 )

棚田に見る秋の気配




d0334825_21464864.jpg


d0334825_21462545.jpg


d0334825_21475479.jpg




太平洋を北上していった大型台風

あと少し西よりのコースをたどっていたら

と、昨年の被害を思いだす

太平洋から北日本に上陸するなど考えもしなかった

これからは西の空を見上げるだけではすまないようだ

東からやって来ることも頭にいれておかねばなぁ~


それでも、五穀豊穣を祈りたいね!


[PR]
by warutorawa | 2017-09-04 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(6)

暮れ行く




d0334825_20421550.jpg




d0334825_19161542.jpg





イーハトーブの夕まづめ

奥羽の峰に静かに降りる夕陽と、照り返しを見せる早池峰の山容

薄っすらと雲が覆ってきたが、ことのほか夕焼けがきれいだった

空に湿気が漂ってきたのだろう

天気はくだりざかのようだ。


                       ー花巻 空港展望台ー


[PR]
by warutorawa | 2017-04-12 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(4)

春はいずこ




d0334825_21230996.jpg




梅の花の便り

菜の花の便り

春一番の便り



まだまだ遠い色彩の訪れ

静かにじっとまつ

それが北国流です。


                            ー花巻 東和ー


[PR]
by warutorawa | 2017-02-18 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(4)

mi cafe





d0334825_19555378.jpg




d0334825_19565160.jpg




d0334825_19561256.jpg



d0334825_19553718.jpg





長女がおごるというので喜んで行ってきました(9月下旬の話です)

しかし何故、と車の中で尋ねると

取り巻き全員所要ありとの事、彼氏は・・・? 「同じ」

ま、そんなとこだろう


このカフェ、細い坂道をすたこら登った所にあり
駐車場はリンゴ畑の脇に適当にどうぞ・・・が、基本

周りは全部リンゴの木ばかりです

オススメは紅玉果汁で入れたアップルティーというのでそれを頼んだ

娘は初めての味に感動しっぱなし、私は昔の母の味を想いだす


アルマイトのでかい鍋に砂糖だけで煮詰めたあのリンゴの味がした

紅玉、今じゃ欠かせない高級な加工リンゴ

私にとっては、どこにでもあった貧しい時代の甘酸っぱいリンゴ


時々 ジャズの演奏会も行うというので その時に又来よう


                              ー盛岡 mi cafeー









[PR]
by warutorawa | 2016-10-11 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(2)

棚田(6月)




d0334825_12293492.jpg




d0334825_20213719.jpg



梅雨の晴れ間

空には積雲の上に筋雲が流れていました

吹き渡る風は少し寒いくらいでしたが湿気はなく気持ちが良かった

パン屋(粉ひきのゴーシュ)は いつの季節も綺麗な被写体になってくれる

次は初夏の棚田を撮ろう





[PR]
by warutorawa | 2016-06-29 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(0)

早春の棚田




d0334825_21263424.jpg




d0334825_21261006.jpg




d0334825_21255090.jpg




あの丘の向こうに何がある?

あの小山の向こうはどうなっている?

子供の頃は、そんな素朴な疑問をよく持ったものだ

しかし、いつの間にか景色は、ただそこにあるものとなっていた



カメラを手にしてから、あの頃の情景がありありと甦るようになった

私にとって、カメラはそういうオモチャになっている。












[PR]
by warutorawa | 2016-04-10 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(2)

モーリオ市




d0334825_21360262.jpg




盛岡市岩山から見た風景

宮沢賢治は盛岡をモーリオ市と呼び作品に登場させている

賢治の青春の町ですね!

ここは、私が学生の頃から幾度となく訪れては将来を考えたり、過去を振り返ったり

はたまた、恋愛? 失恋?に一喜一憂したりと...

ま~、青春のお山のような場所でしたねー

"こわっぱ" の頃からお世話になりました。





[PR]
by warutorawa | 2016-03-21 00:23 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(0)

Mt.cat




山猫登場!!
いかつい顔で迫ってくる・・・マズイ、食われるかも?
d0334825_12122749.jpg



シャケのおにぎり半分で交渉成立!
撮影の許可を得る

d0334825_12121054.jpg
縄張りに入って申し訳ない
肉球の"しもやけ"にお気を付けて...山猫のダンナ!


d0334825_00030008.jpg

ん?  三毛猫ということはメス!
と言うか、山猫に三毛が居るのだろうか・・・。


                     ―花巻東和ー


[PR]
by warutorawa | 2016-01-31 00:44 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(2)

パン屋とハウス





d0334825_21453340.jpg




d0334825_20255604.jpg


棚田が広がる丘の頂上にポツンと佇むパン屋さん
そこから少し離れた場所に立つ簡易ハウス
雨よけ用のブドウハウスである。

ちょっとだけ異国風の景色が気持ちいい場所です
こんな景色がいたるところに点在する。

イーハトーブの大地は実りの秋をむかえる。

       ―花巻ー





[PR]
by warutorawa | 2015-09-18 00:30 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(0)

秋の便り



d0334825_17475930.jpg





d0334825_17392407.jpg



連日連夜の猛暑も影をひそめイーハトーブ(岩手)
の大地にも秋の気配が少しずつやってきた。
日に日にオリザ(稲)のこうべも深く
お辞儀をするようになってきた。
そして一輪のコスモスが丘の風景に花を添えていた。

     -花巻ー







                          

                            

















[PR]
by warutorawa | 2015-08-21 12:04 | 丘の記憶 | Trackback | Comments(0)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。