草を食む




d0334825_23192374.jpg


d0334825_23195253.jpg




たべる、たべる、とにかく食べる

自分のまわりが全て食べ物とは

なんて幸せな奴らだ






[PR]
by warutorawa | 2017-09-20 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

つかの間の秋晴れ




d0334825_23080953.jpg




d0334825_23084780.jpg




d0334825_23074302.jpg




このところの曇天で体のエネルギーが不足していたが

この時とばかりタップリ充電してきた。



[PR]
by warutorawa | 2017-09-02 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

貞任牧野 3




d0334825_20244938.jpg





d0334825_20241250.jpg




......西の山では雨もふれば
ぼうと濁った陽もそそぐ......
それから風がまた吹くと
白いシャツもダイナモになるぞ
......高いとこでは風のフラッシュ
燕がみんな灰になるぞ......


                    ー宮沢賢治「九月」よりー




[PR]
by warutorawa | 2017-07-30 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

貞任牧野 2




d0334825_22463729.jpg





d0334825_22470368.jpg





この高原も典型的な放牧山地である

山風や海風が季節ごとに吹き付けるため風力発電に適している場所だ

そのため、沢山の風車が尾根づたいに並んでいる


最近気づいたが、この牧野では至る所で野生のシカが見られる

以前は日中に現れることは殆ど無かったが

個体数がかなり増えたのだろうか?


この日も頂きから、かなりの数が確認できた

牧草の被害は大丈夫なのだろうか?




                            -遠野ー





[PR]
by warutorawa | 2017-07-29 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

貞任牧野 1




d0334825_23113486.jpg





d0334825_23152492.jpg




トンボが飛び交っていた

少し秋を感じる



                            ー遠野ー


[PR]
by warutorawa | 2017-07-28 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

晴れ間




d0334825_23092065.jpg



d0334825_23422246.jpg




気温24℃

寝るもよし

走るもよし

眺めるもよし

飛んで行くもよし・・・?

これほどの贅沢があろうか。



[PR]
by warutorawa | 2017-07-25 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

サッパリと牧野




d0334825_22080124.jpg



d0334825_22093857.jpg


高校球児に勝るとも劣らない

見事な丸刈り

種山ヶ原も男前になりました。


  (少し前の写真になります)






[PR]
by warutorawa | 2017-07-12 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

サイレント 2




d0334825_13350855.jpg





d0334825_13354801.jpg




ーこいつはもう
あんまり明るい高級の霧です
白樺も芽をふき
からすむぎも
農舎の屋根も
馬もなにもかも
光りすぎてまぶしくて・・・


                     「高級の霧」ー宮沢賢治



どっぷりと霧の中

幸いレンズが結露することは無かった

霧の粒が細かくて、塵や埃が少なかったおかげだ。





[PR]
by warutorawa | 2017-07-06 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

牧野の春 2




d0334825_20282088.jpg


d0334825_20291463.jpg


d0334825_20284345.jpg





小一時間も走れば非日常的景観に癒される

分水嶺の頂から望む空は限りなく広いが

麓の空に比べここの空は厚みがない

雲がぐっと迫ってくるからだろう

日常の空は見上げてなんぼの世界だけれど

ここはぐるりと見渡すのがいいようだ。


                         ー北上高地 寺沢ー




[PR]
by warutorawa | 2017-05-19 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

牧野の春 1




d0334825_20474613.jpg




d0334825_20471296.jpg




d0334825_20464205.jpg




ー青ぞらのはてのはて
水素さへあまりに希薄な気圏の上に
「わたくしは世界一切である世界は移ろふ青い夢の影である」
などこのやうなことすらも
あまりに重くて考へられぬ
永久で透明な生物の群が棲むー


                  「青ぞらのはてのはて」 宮沢賢治


久しぶりにお気に入りの高原牧野へ

風も弱く空気も澄んでいた

何もないところだが

それが何とも心地よい



                              ー北上高地 寺沢ー




[PR]
by warutorawa | 2017-05-18 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。