奥羽の初冬




d0334825_18172754.jpg



d0334825_18153012.jpg




最近よく来る「上ン平」、昔は放牧が行われていたが現在は行われていない
一部は管理牧野になっているが、使われなくなった草地はススキの原野となっている
景観にアクセントを加えてくれる牛舎にも牛の姿はもう無い

なんの変哲もない高原だが、ここを境として冬の気候はガラリと変わる
ここから西は沢内村を超え秋田まで日本海気候となり、湿った雪が降る豪雪地帯となる
逆に東側は低温で乾燥した太平洋気候となるのです
真冬の雪は湿度の少ないパウダースノーとなり、大雪となることは少ない

この時期の空はとても近く、雲の流れは大変速い
季節風の顔がまさに一遍するところでもある
そんなドラマチックな情景が見たくて足を運ぶ
この日も、日に照らされた小雪がダイヤモンドダストのように輝きながら流れていた

あの、宮沢賢治が「経渦ムベキ山」の一つとした処でもある。


                                   ー紫波ー













[PR]
by warutorawa | 2016-11-19 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

遠野荒川高原 3




d0334825_13273577.jpg



d0334825_13271833.jpg



d0334825_13264886.jpg




午後の一時過ぎ 俄かに辺りが薄暗くなりました

風も突然のように吹き始め徐々に強くなってきました

前線の中にすっぽり入ったみたいです


三枚目の写真の頃はカメラを構えるのが難しくなったため車からの撮影となりました

風速はおそらく15m~20m近くに達したと思われます

こんな状態が2時間ほど続いた後は急激に快方に向かっていきました

いや~、最近の天気予報はよく当たりますねー

びっくりでした。


寒冷前線の時最も注意しなければならないのは「ロート雲」

雲から垂れ下がる渦状の筋です 要するに竜巻ですね!

海や何もない平野、それとこんな草原は特に注意です

そんなわけで荒川高原の情景はこれでお終いです

どんとはれ!




                        ー遠野ー



[PR]
by warutorawa | 2016-10-29 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

遠野荒川高原 2




d0334825_20243308.jpg


d0334825_20255308.jpg


d0334825_20252684.jpg




北上高地にある荒川高原、とにかく風が強い

樹齢の進んだ大木は ほとんどが東向きに傾いている

そう言えば「遠野物語」にしても賢治童話にしても風が主役のような物語が多い

ここに来ると なるほどと感じてしまう...。


そろそろ寒冷前線が近づいてきたようだ!


                              ー遠野ー












[PR]
by warutorawa | 2016-10-28 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

遠野荒川高原 1



d0334825_23492761.jpg




d0334825_20430796.jpg



d0334825_20455812.jpg




嵐が去った後の荒川です

嵐というのは寒冷前線のことで この日の昼にかけてここを通過したのです

ラジオでは雷雨注意報が発令され、突風による被害に十分ご注意との事でした。

この写真は前線が通過しておよそ2,3時間後の風景になります。

通過時の写真は後ほど...!


山の天気は豪快です。



                      ー遠野ー







[PR]
by warutorawa | 2016-10-27 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

刻々と




d0334825_20003454.jpg


d0334825_20001888.jpg


d0334825_20000169.jpg





ーあたたかくくらくおもいもの
ぬるんだ水空気懸垂体
それこそほとんど恋愛自身なのである

なぜなら恋の八十パーセントは
H2Oでなりたって

のこりは酸素と炭酸瓦斯との交流なのだー

                         (あの雲がアットラクテヴだといふのかね)ー宮沢賢治





一時たりとも同じ空でいることが無い

全くせわしない高原の午後です

対照的に大地はし~んと静まり返ったままである


                                      ー北上高地ー
















[PR]
by warutorawa | 2016-10-04 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

秋晴れの丘




d0334825_21320431.jpg




d0334825_18175533.jpg




d0334825_18303439.jpg





ー種山ヶ原の長嶺さ置いだ草は
雲に持ってがれで無ぐなる無ぐなる

種山ヶ原の長嶺の上の雲を
ぼっかげで見れば無ぐなる無ぐなるー




種山ヶ原立石の丘には賢治の「牧歌」の詩碑が刻まれている。(前文略)

数年ぶりに訪れてみたが、立派な東屋が建っていたのには少し驚いた

ここに初めて来たとき、とても印象に残った大きな岩はそのままでした

浸食から残った残丘なのですが賢治はモナドノックと呼んで

とてもお気に入りだったようです。

ここから見える「物見山」の全景はあくまでもなだらかで

とても女性的です。



                              ー種山ヶ原-



[PR]
by warutorawa | 2016-10-02 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)



d0334825_12365859.jpg




d0334825_22173909.jpg




関東ナンバーの車でやってきた親子 きっとお盆で帰省中だったのでしょう

"こんな 何もない所にきて楽しいのかな?"

と、思っていたが 私の余計な詮索でした

大声で「ヤッホー」とさけぶ女の子と それを見つめる親の姿を見てると

つまらない仕掛けの遊具は要らないようでした

暫くすれば忘れてしまう風景でしょうが

いつか また そのときが来れば...。




[PR]
by warutorawa | 2016-08-20 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

北上高地(秋の気配)2




d0334825_15595964.jpg




d0334825_15592491.jpg




d0334825_15590581.jpg




北上高地には牧野が至る所に点在する

ずっと昔から家畜の放牧地として利用されてきた

しかし、この広い草原は他の役割も担ってきた

北上高地は日本有数のイヌワシの繁殖地なのです

この広い狩場があってこそ生きていけるのです

手つかずの原生林では生きて行けないのです

人の営みと上手に共存共栄してきた典型的な場所でもあります

それでも、イヌワシの個体数は減少しています

この空からイヌワシの姿が無くならないように

そして この風景が無くならないことを祈ります。


[PR]
by warutorawa | 2016-08-18 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

北上高地(秋の気配)1



d0334825_21055902.jpg




d0334825_21051091.jpg




d0334825_21133029.jpg




d0334825_21053462.jpg




馬鹿の一つ覚えのように山や高原にばかり通っています

ですが、何時間もかけて行っている訳ではありません

小一時間もあれば着いてしまうのです

イーハトーブは山ばかりですので

通う理由は涼しいから ^^

これが体にも心にも良く効きます

暫くはこんな写真ばかりかと・・・


台風が近づいています お気をつけください。


[PR]
by warutorawa | 2016-08-17 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

牧野解禁



d0334825_22013846.jpg



d0334825_21485690.jpg



d0334825_21495380.jpg



あの忌まわしい原発事故から数年、寺沢の牧野が全面開放となり牛達が帰ってきた

実の所、ここは牧草から国の基準値を超える放射線が検出されたため放牧が自粛されていたのです

関係者の地道な除染作業のおかげで、本来の姿を取り戻しました

ここは原発から直線距離でゆうに200キロ以上は離れています

いかに放射線が恐ろしいかが、お分かり頂けるのではないでしょうか!

色もなく、匂いもしない。

しかし、確実に汚染してゆく

これが現実の姿なのです

緑の牧野は、牛や馬の姿があってこそいきいきするのです。





[PR]
by warutorawa | 2016-05-30 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。