カテゴリ:草原の記憶( 12 )

サイレント




d0334825_16460755.jpg





d0334825_16473738.jpg




静かに霧が晴れた

雑念も晴れて想像力も消える

単純な風景


[PR]
by warutorawa | 2017-07-03 00:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(6)

風景




d0334825_14095537.jpg




d0334825_14235324.jpg




・・・!




[PR]
by warutorawa | 2017-06-11 16:06 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(2)

冬まちの牧野




d0334825_22241205.jpg




d0334825_22252968.jpg




d0334825_22245956.jpg




秋の牧野巡りもいよいよ最後です

冬はほとんどの道がクローズになります

来年も又癒しを与えてくれますように・・・


最近乱視と老眼がひどくてピント合わせに四苦八苦している

十数年前に手術した両目の具合が良くない

オートフォーカスが抜群に凄い最新型のカメラが欲しいが...財布が寂しいからなー!

今後は少し目を休ませたいのでブログの更新が停滞するかもしれません

よろしくお願いします。



                             ー雫石 長山ー



[PR]
by warutorawa | 2016-11-05 00:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(6)

開拓農地の風景



d0334825_16073484.jpg


d0334825_16222763.jpg


d0334825_10175078.jpg


岩手山の裾野に広がる開拓団地の風景です

八幡平の帰りに一本木の開拓農道から滝沢へ出て小岩井に通ずる道を走ってみた

かなり西日となっていたので光陰がとても綺麗な風景を演出していた






[PR]
by warutorawa | 2016-08-15 12:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(4)

ヒマワリ街道




d0334825_22321848.jpg




d0334825_22315376.jpg




d0334825_08201732.jpg




d0334825_22205674.jpg




今年もお盆がくるな~!

私の父は3年前に亡くなったが、間もなく90という年齢だった

当然戦争経験者であり、父より若い人の中には特攻隊で亡くなった人もいる

ま~、それはそれとして

今年もこの 美しい イエローラインが見られたことに感謝です。

この道を走り去るオートバイや自転車が気持ちよさそうだ

平和であることが 普通に素晴らしい。



                         ー小岩井ー


[PR]
by warutorawa | 2016-08-11 08:39 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(6)

All by myself




d0334825_14151450.jpg




d0334825_13561705.jpg




d0334825_13270446.jpg




この場所はかつて 戦後の何もない時代 斧と手鍬だけで開拓した

 ある酪農家の方の土地でした。

その理想と信念を称え 友人であった(高村光太郎)がこんな詩を捧げています

「赤松のごぼう根がぐらぐらと/まだ動きながらあちこちに残っていても/
見わたすかぎりはこの手がひらいた/十年辛苦の耕地の海だ。
今は天地根源づくりの小屋はない」

理想を追い求めたかつての牧場には

今、パステルブルーのラベンダーが咲き誇っていた。


                             ー紫波 ビューガーデンー








 


[PR]
by warutorawa | 2016-07-23 00:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(2)

梅雨どきのトンボ




d0334825_16185702.jpg





『宮沢賢治  五輪峠』

「五輪は地水火風空 空といふのは総括だとさ まあ真空でいいだらう
火はエネルギー 地はまあ個体元素 水は液体元素 風は気体元素と考へるかな
世界もわれわれもこれだといふのさ 心というのもこれだといふ
いまだって変わらないさな」ー抜粋


ふぅ~ん なるほどね! 空はあったし、風も吹いていたなぁ~ 雲は水だし、地は牧場

火はどうするべ! 

日差しでいいだろうか?




                        ー花巻 東和五輪牧野ー


[PR]
by warutorawa | 2016-07-08 00:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(5)

グリーンパラダイス



d0334825_22150050.jpg




d0334825_22032757.jpg




d0334825_22211870.jpg





「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸われし十五の心」

石川啄木の有名な歌があるが、そんな気持ちにさせられました

しかし、決定的に違うのは「十五の心」・・・ではないこと

五十代の心ならばもっと共感できるかもしれない

そこで、一句

「高原の牧野の草に寝ころびて眠気に吸われし◯◯の心」

おあとがよろしいようで・・・^^;


                        ー雫石ー





[PR]
by warutorawa | 2016-06-11 11:49 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(2)

大地~空 Ⅱ




d0334825_15432286.jpg




d0334825_16355856.jpg




d0334825_16123084.jpg




この場所は北上高地なんですが、わたしが学生の頃は(北上山地)と習っていました
勿論教科書にもそう載っていました
いつごろから(高地)と呼ぶようになったのでしょう?

ネットによると、「北上山地は岩手県と宮城県の~である。"北上高地"とも言う」(ーー;)

ならば、まず(高地)とは?ー「山地や山脈と違って山が連なって伸びていて高さは、低めのところ」?

それならば、(山地)とは?-「比較的起伏に富んだ周りより高い地域である」??

ついでに、(山脈)とは?-「細長く連続的に伸びる-山地-のことである」???


ネット検索って便利ですが、色んな はてな?がでてきて けっこう危ういです。

地質学的な定義で拾ってみるとちょっこら複雑になってくるし...

ま、そんなもんですかね~!

(雪のある頂きは、早池峰山です)












[PR]
by warutorawa | 2016-05-08 00:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(2)

大地~空




d0334825_21315547.jpg




d0334825_21141169.jpg




d0334825_21502759.jpg





標高800m、もう雪はありませんでした

北上高地の脊梁は、ただただシンプルです。



               ー寺沢ー


[PR]
by warutorawa | 2016-05-07 00:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(0)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。