八幡平の初夏




d0334825_14003646.jpg


d0334825_14000234.jpg


d0334825_13593978.jpg


d0334825_13592192.jpg





八幡平の頂上に行くには二つのルートがある

樹海ラインとアスピーテラインの二つだ

今回は昔からのルートであるアスピーテラインを通った

どちらも美しいルートだが、アスピーテラインの方が解放感と広大な風景を楽しめる

樹海ラインも悪くないが秋の紅葉シーズンの方がいいかもしれない

昔は春スキーをしによく来たものだが、今はボーっと眺めているのが性に合うようだ。







[PR]
by warutorawa | 2017-06-01 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(0)

山紫水明




d0334825_22272994.jpg





d0334825_22171055.jpg




ー ZYPRESSEN春のいちれつ
くろぐろと光素(エーテル)を吸ひ
その暗い脚並からは
天山の雪の稜さへひかるのに
(かげろふの波と白い偏光)
まことのことばはうしなはれ
雲はちぎれてそらをとぶー


                          宮沢賢治  「春と修羅」より抜粋

昨日も今日も30℃をこえた

天気予報では「今日の最高気温、平年より9℃高い30℃でした」と、あっさり言うが

どこか違和感を感じるこの頃

9℃高いというのは勿論だけれど、平年気温自体毎年上がっているはず

20年も前の平年気温からみればもっと高かっただろう

慣れることの怖さを感じる

そして平均値なるもののイタズラも見抜かねばなぁ~!



                                ー雫石ー











[PR]
by warutorawa | 2017-05-23 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(4)

里の彩




d0334825_18404314.jpg




これほど空気が澄み渡ったのも久しぶりです

これで午前11時近くだから、いかに塵が少なかったかが分かる

こういう風景を桃源郷と言うのだろうか

自分には昭和の原風景のように見えた。


                       ー花巻 東和ー


[PR]
by warutorawa | 2017-05-21 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(2)

早池峰路の冬 2




d0334825_23022833.jpg




d0334825_23024866.jpg




d0334825_23014869.jpg





これから厳しく長い冬をむかえる早池峰

腕時計の時間は午後の三時を少し過ぎたばかり

山影の集落にはもう日差しがなく静かだ

極夜の山里のような風情

ぼくとつな北国の人達を育ててきた冬の風情なのかな?


                       ー花巻 大迫ー






[PR]
by warutorawa | 2016-12-12 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(2)

早池峰路の冬




d0334825_22083974.jpg



d0334825_20160812.jpg


d0334825_22093137.jpg




日差しがあるとそこそこ暖かいが 日が落ちたとたんキュ~ンと冷え始めた

雪こそ少ないが間違いなくここは冬でした

道に残っていたザラメ雪もガリガリ音がし始めた

もう氷点下だと分かる



                 ―花巻 大迫ー








                           








[PR]
by warutorawa | 2016-12-11 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(6)

落穂ひろい




d0334825_21575339.jpg





d0334825_21353604.jpg





ここ数年よく見られる光景

ひと昔前は餌付けをする人が沢山いたため こんな田畑で見られることは少なかった

だが、ここ数年の鳥インフルエンザ騒ぎのせいで餌付け禁止の湖沼が増てしまった

昼から多くの白鳥が見られた湖は 今じゃほとんどない

あの白鳥の湖は 夜のねぐらでしかないのだろう

が、よく考えればこれが本来の姿なのかもしれません

なんとも力強いものだ。












[PR]
by warutorawa | 2016-12-08 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(0)

岩手山(冬の気配)




d0334825_20003999.jpg



d0334825_20010675.jpg




「雲が風と水と虚空と光と核の塵とでなりたつときに
風も水も地殻もまたわたくしもそれとひとしく組成され
じつにわたくしは水や風やそれらの核の一部分で
それをわたくしが感ずることは
水や光や風ぜんたいがわたくしなのだ」

                         ー種山ヶ原ー 先駆型
               
ここでブログを始めた最初のころ一度紹介した宮沢賢治の詩です。

賢治作品の中で私が一番好きな作品で 彼の自然に対する思いの大きさを魅せられた詩でもある

一見何様と思いそうな言葉だが 怖いくらい科学的な理屈に基づいているのが魅力だ

文学的なアプローチのみではとても理解しにくい

人であれ 石ころであれ 現象も地象も気象も また思いさえ究極の素は同じ物質から成り立つことを説いているのだろう

またそこに迫ろうとする現在の科学の進歩も凄すぎる

いったいどこまで素に迫るつもりだろう




                            ー雫石 小岩井ー









[PR]
by warutorawa | 2016-11-04 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(0)

まだあった(夏)?




d0334825_16272332.jpg



d0334825_16270534.jpg



農業研究センターの遊歩道を散歩してたら黄色い区画を発見

なんと、今や満開とばかりにヒマワリが咲き誇っていた

今時期 どうかな~ と思いつつもあまりの見事さに ついカシャッと


ここは試験圃場なので景観作物としての利用と、土壌改良のための作付でしょう

ヒマワリは放射性物質に汚染された土壌の除染効果が期待されたほど吸肥力に優れた花です

特に肥料過多になってしまった土壌には最適とか・・・

連作障害の回避にも期待できるそうです。


しかし、除染効果の方は 思ったほどではなかったようですね!

そんなに甘くはない...ということでしょう。



[PR]
by warutorawa | 2016-09-08 12:37 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(2)

イーハトーブ(薄暮時)


田園地帯を望む

d0334825_15302953.jpg

奥羽山系(岩手山)を望む

d0334825_15153374.jpg

北上高地(早池峰山)を望む

d0334825_14544432.jpg


胡四王神社から見た花巻の田園風景です
今年も沢山お米が取れればいいのだが

昨日の天気予報によると沿岸地方に低温注意報が出たようだ
" やませ "がおきなければいいですねー

なんでも、今年はエルニーニョが収束して ラニーニャの年になりそうだとか...
一般的にエルニーニョの年は暖冬冷夏でラニーニャの時はその反対の傾向があるようです

ですが、最近は人為的に引き起こされている温暖化のせいで簡単に ”こうです ああです” 
とは いかないみたいですねー。

ちなみに エルニーニョとは スペイン語で(子供)
     ラニーニャは(女の子)の意味だそうです。

どちらでも構わないが 出来るだけ よいこ にしていて欲しいものだ。

賢治のように「サムサノナツハオロオロアルキ」・・・だけは勘弁です。






[PR]
by warutorawa | 2016-07-21 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(0)

小麦色



d0334825_18243545.jpg




d0334825_17560636.jpg




d0334825_18105936.jpg





米に変わる転作作物として、花巻では小麦が多いようだ

少し北へ行けば、そば畑がみられる

さらに北へ向かうと雑穀、というように市町村ごとに特色を出している

しかし、どこの畑も元は水田だ

コメ作りに特化した土地なだけに畑作転用は容易な事ではない

写真では分からないが、水はけの悪い箇所では生育が不ぞろいになっている

やはり水稲のように安定した品質は難しいのだろう


米余りだから違う作物をつくれ!というのは簡単だが

現実は土壌の性質を変えなければならず、違う作物を作るのは容易なことではない

こんな麦畑を眺めるだけで農家の苦労がうかがえる。



                      ー花巻ー









[PR]
by warutorawa | 2016-05-15 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(2)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。