<   2016年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ハリケーン




d0334825_22451607.jpg




d0334825_22445424.jpg




観測史上初の・・・

過去に例をみない・・・

最大級の・・・

猛烈な・・・

東北ではかつて経験したことが無い事態が予想されています

早め早めの行動を心がけましょう


そして、異常気象がなぜ起きるか? そろそろ真剣に考える時期でしょう

CO2の取引なんぞしている場合じゃない `ヘ´





[PR]
by warutorawa | 2016-08-30 00:30 | 水の記憶 | Trackback | Comments(0)

静けさ




d0334825_20492301.jpg


d0334825_20495467.jpg


d0334825_20503226.jpg




花巻「円万寺」

寺と名は付くが、お寺と神社が同じ敷地に仲良く建っている

なぜ? 

明治時代の神仏分離令(俗称)の影響なそうな

色々あったんだなぁー


どちらにもお参りしたが 間違ってどちらでも手を叩いてしまった

ま、いいか・・・

所詮ポピュリズム的な人間じゃなかったしな (笑)






[PR]
by warutorawa | 2016-08-29 00:30 | 光影の記憶 | Trackback | Comments(0)

童話村



d0334825_18095163.jpg




d0334825_23341290.jpg




d0334825_23335693.jpg




ー( そのときはもう、あたりはとっぷりくらくなって西の地平線の上が
古い池の水あかりのように青くひかるきり、そこらの草も青黒くかわっていました。
「おや、つめくさのあかりがついたよ。」ファゼーロが叫びました。
なるほど向こうの黒い草むらのなかに小さな円いぼんぼりのような白いつめくさの花が
あっちにもこっちにもならび、そこらはむっとした蜂蜜のかおりでいっぱいでした。 )ー

                           ポラーノの広場より

昔は良く管理された野原が多かったためか、「白ツメクサ」の方が多く見られたような気がする
しかし、最近では荒れた野原が増えたためか、「赤ツメクサ」の方が多くなった

今では童話のような 一面クローバーだらけ そんな野原は まず見られない

白ツメクサの「花かんむり」も昔話となるのでしょうね。







[PR]
by warutorawa | 2016-08-28 00:30 | 宮沢賢治の世界 | Trackback | Comments(2)

残照




d0334825_17170709.jpg




d0334825_20304572.jpg




d0334825_16471468.jpg





童話村の森ライトアップ 8月開催は今週いっぱいまで行われています

それと同時に他施設のナイトミュージアムも行われています

そんな訳で夕涼みをかね またまた行ってみました

童話村はTVの取材が来るというので 先ずは記念館に・・・

ちょうど 日没の時間だったので記念館のベランダでのんびり日暮れを楽しみました

人も まばらで 実に贅沢なひと時でしたねー

そのうち エントランスの街灯も点き始め 賢治の時代に思いをはせながら...

my own time

なんちゃって^^


[PR]
by warutorawa | 2016-08-26 00:30 | 宮沢賢治の世界 | Trackback | Comments(4)

秋風恋し




d0334825_19510249.jpg





d0334825_19273431.jpg





以前 この時期の台風は 過ぎ去ると秋の空気を運んだものだが

今年は少し様子が違う 

去った後でも湿潤な空気はそのまま残っている

そもそも 進路が変だ

南の海には台風の卵がうじゃうじゃ現れている

それでも体感温度位は涼しくなりたいと思い

近くのススキを撮ってみたが・・・

やっぱり フライングしたみたいだ。




[PR]
by warutorawa | 2016-08-24 00:30 | 空の記憶 | Trackback | Comments(2)



d0334825_12365859.jpg




d0334825_22173909.jpg




関東ナンバーの車でやってきた親子 きっとお盆で帰省中だったのでしょう

"こんな 何もない所にきて楽しいのかな?"

と、思っていたが 私の余計な詮索でした

大声で「ヤッホー」とさけぶ女の子と それを見つめる親の姿を見てると

つまらない仕掛けの遊具は要らないようでした

暫くすれば忘れてしまう風景でしょうが

いつか また そのときが来れば...。




[PR]
by warutorawa | 2016-08-20 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

北上高地(秋の気配)2




d0334825_15595964.jpg




d0334825_15592491.jpg




d0334825_15590581.jpg




北上高地には牧野が至る所に点在する

ずっと昔から家畜の放牧地として利用されてきた

しかし、この広い草原は他の役割も担ってきた

北上高地は日本有数のイヌワシの繁殖地なのです

この広い狩場があってこそ生きていけるのです

手つかずの原生林では生きて行けないのです

人の営みと上手に共存共栄してきた典型的な場所でもあります

それでも、イヌワシの個体数は減少しています

この空からイヌワシの姿が無くならないように

そして この風景が無くならないことを祈ります。


[PR]
by warutorawa | 2016-08-18 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

北上高地(秋の気配)1



d0334825_21055902.jpg




d0334825_21051091.jpg




d0334825_21133029.jpg




d0334825_21053462.jpg




馬鹿の一つ覚えのように山や高原にばかり通っています

ですが、何時間もかけて行っている訳ではありません

小一時間もあれば着いてしまうのです

イーハトーブは山ばかりですので

通う理由は涼しいから ^^

これが体にも心にも良く効きます

暫くはこんな写真ばかりかと・・・


台風が近づいています お気をつけください。


[PR]
by warutorawa | 2016-08-17 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

開拓農地の風景



d0334825_16073484.jpg


d0334825_16222763.jpg


d0334825_10175078.jpg


岩手山の裾野に広がる開拓団地の風景です

八幡平の帰りに一本木の開拓農道から滝沢へ出て小岩井に通ずる道を走ってみた

かなり西日となっていたので光陰がとても綺麗な風景を演出していた






[PR]
by warutorawa | 2016-08-15 12:30 | 草原の記憶 | Trackback | Comments(4)

また、遭遇



暑さから逃れるために八幡平へ涼みに行ってきた
途中、前方の道路の真ん中でモゾモゾ動く動物を発見!

d0334825_20151006.jpg

と、暫く見ていたら どんどん近づいてくるではないか
野犬か? と、少し身構えてしまったがキツネ君でしたねー!
全然怖がる様子が無かったので、余裕でレンズチェンジができた

d0334825_20153862.jpg

このキツネはきっと 通りすがりの車からエサをよく貰っているのだろう
私の前にきてちゃんと お座りをしたのです

d0334825_20155495.jpg

とても可愛いキツネでしたが
「オジサンは優しくないから 餌はあげられないよ」と、心の中で言ったら
二度、三度 まばたきをしてから諦めて林の中へ戻って行きました

d0334825_20161641.jpg

とても愛くるしく おとなしいキツネでしたが これほど人馴れすると
いつか 車に はねられないかと とても心配になりました
もし、出会ったとしても 餌はやらないで欲しいものです
それが この子の為なのですから
どうぞ 宜しく。










[PR]
by warutorawa | 2016-08-13 00:30 | その他 | Trackback | Comments(8)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。