遠野荒川高原 3




d0334825_13273577.jpg



d0334825_13271833.jpg



d0334825_13264886.jpg




午後の一時過ぎ 俄かに辺りが薄暗くなりました

風も突然のように吹き始め徐々に強くなってきました

前線の中にすっぽり入ったみたいです


三枚目の写真の頃はカメラを構えるのが難しくなったため車からの撮影となりました

風速はおそらく15m~20m近くに達したと思われます

こんな状態が2時間ほど続いた後は急激に快方に向かっていきました

いや~、最近の天気予報はよく当たりますねー

びっくりでした。


寒冷前線の時最も注意しなければならないのは「ロート雲」

雲から垂れ下がる渦状の筋です 要するに竜巻ですね!

海や何もない平野、それとこんな草原は特に注意です

そんなわけで荒川高原の情景はこれでお終いです

どんとはれ!




                        ー遠野ー



[PR]
by warutorawa | 2016-10-29 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

遠野荒川高原 2




d0334825_20243308.jpg


d0334825_20255308.jpg


d0334825_20252684.jpg




北上高地にある荒川高原、とにかく風が強い

樹齢の進んだ大木は ほとんどが東向きに傾いている

そう言えば「遠野物語」にしても賢治童話にしても風が主役のような物語が多い

ここに来ると なるほどと感じてしまう...。


そろそろ寒冷前線が近づいてきたようだ!


                              ー遠野ー












[PR]
by warutorawa | 2016-10-28 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

遠野荒川高原 1



d0334825_23492761.jpg




d0334825_20430796.jpg



d0334825_20455812.jpg




嵐が去った後の荒川です

嵐というのは寒冷前線のことで この日の昼にかけてここを通過したのです

ラジオでは雷雨注意報が発令され、突風による被害に十分ご注意との事でした。

この写真は前線が通過しておよそ2,3時間後の風景になります。

通過時の写真は後ほど...!


山の天気は豪快です。



                      ー遠野ー







[PR]
by warutorawa | 2016-10-27 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)



d0334825_16281453.jpg




d0334825_11223861.jpg




d0334825_00032685.jpg




上から順に、隣接市営博物館ー童話村妖精の小径ー童話村ファンタジックホール

の順にスナップして歩いてきました。

公共のテーマパーク的施設が難しい経営を迫られる中

ここの公共施設は色々工夫を凝らした運営がされているな~とつくづく感じた次第です


それにしても、最近童話村に現れる妖精は随分西洋的ないでたちをしているようだ。

妖精も今時ということか?・・・

楽しませていただきました。






[PR]
by warutorawa | 2016-10-26 11:26 | 宮沢賢治の世界 | Trackback | Comments(0)




d0334825_18002535.jpg




d0334825_17593881.jpg




d0334825_17591976.jpg





「けだしわれわれがわれわれの感官や風景や人物をかんずるやうに
そしてただ共通に感ずるだけであるやうに記録や歴史 あるいは地史といふものも
それのいろいろの論料といつしよに(因果の時空的制約のもとに)
われわれがかんじているのに過ぎません」

                               ー春と修羅 序よりー

宮沢賢治とアインシュタイン

どこか同じ臭いがする

四次元空間を自由に想像する人は よくわからないが 不思議な魅力がある

いい意味で変人なのだろう。






[PR]
by warutorawa | 2016-10-25 00:30 | 宮沢賢治の世界 | Trackback | Comments(0)




d0334825_10434757.jpg




d0334825_10435965.jpg




d0334825_10442944.jpg




d0334825_10450762.jpg




4月より開催されていた賢治生誕120周年記念イベント

「童話村ナイトミュージアム」の最終点灯式が昨日行われた

これは 地元の団体の春日流「獅子踊り」です

カラフルな衣装が澄み切った広場に生え

とても綺麗でした。

青白い色彩と獅子踊り 賢治はとてもお気に入りでした。










[PR]
by warutorawa | 2016-10-24 11:08 | 宮沢賢治の世界 | Trackback | Comments(0)

静かなキャンプ場




d0334825_20273863.jpg





d0334825_20280097.jpg




爽やかな秋空と澄んだ空気が心地いい山の中のキャンプ場

しかし、手入れが行き届かず荒れ果てたテーブルが目につく

今ここで集う者たちは 白樺から舞い降りた枯葉たちだ


こんな場所は至る所にある

放置されている訳じゃない 管理すべき人手が減ってしまったのだ

作業者の高齢化と担い手の減少が大きな理由だろう

とにもかくにも 今の地方の縮図が伺える


今は苔むしたテーブルでも かつては笑いが こだましたはずだ。



                           ー花巻 大迫ー






[PR]
by warutorawa | 2016-10-23 00:30 | 森の記憶 | Trackback | Comments(2)

小金の舞




d0334825_22343353.jpg





d0334825_20070866.jpg




一瞬静まり返った峠道

通る車も少ない

暫くすると下の方から低い轟音を響かせ大型車がやって来た

道に積もった枯葉溜まりを蹴散らしたその瞬間

てんやわんやの大騒ぎ

枯葉のダンスの始まり始まりー



標高の高い所では落葉も始まったようだ。


                     ー北上高地ー







[PR]
by warutorawa | 2016-10-22 00:30 | 森の記憶 | Trackback | Comments(0)

釜石線の夜



d0334825_22512091.jpg




d0334825_22514246.jpg




d0334825_22520281.jpg




ローカル線

ローカル駅

ローカル列車


暮れ行くイーハトーブの静寂





[PR]
by warutorawa | 2016-10-21 00:30 | 青い記憶 | Trackback | Comments(2)

晴れ渡る




d0334825_20033590.jpg





d0334825_20031468.jpg





いつもの秋の いつもの風景

変わらないでほしい景色もある

心身ともにリセット、リセット・・・。



                         ー花巻 豊沢ー



[PR]
by warutorawa | 2016-10-20 00:30 | 森の記憶 | Trackback | Comments(2)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。