無機質




d0334825_20235833.jpg


ーいま膨大なわかちがたい夜の呼吸から
銀の分子が析出される
......みをつくしの影はうつくしく水にうつり
プリオシンコーストに反射して崩れてくる波は
ときどきかすかな燐光をなげる......
板橋や空がいきなりいままた明るくなるのは
この旱天のどこからかくるいなびかりらしいー

                             「薤露青より抜粋」 宮沢賢治


何となく撮ってみた一枚

何となくモノクロにしてみた一枚


                                -花巻ー




[PR]
# by warutorawa | 2017-07-20 00:30 | その他 | Trackback | Comments(2)

霧の渓谷




d0334825_21433004.jpg




d0334825_21443247.jpg




連日の猛暑から一休み

湿気はあったがありがたかった

人々を不安にさせる雨は勘弁だが、こんな小さな雨粒なら大歓迎だ


ところで霧とは何か?と思い虎の巻を開いて見たら

地上に発生した雲のことらしい


ちなみに、やかんや機関車から出る蒸気、お風呂場の湯気、はたまた寒い戸外で吐く息

白くなったものは全て霧なそうな

つまり雲である・・・らしい。


                              ー沢内ー


[PR]
# by warutorawa | 2017-07-19 00:30 | 水の記憶 | Trackback | Comments(4)

積乱雲




d0334825_20420877.jpg




d0334825_20410141.jpg




d0334825_20414184.jpg




真っ白い入道雲が涌き、騒がしいアブラゼミが鳴く

吹き出る汗をぬぐっていると、冷たい風がやって来る

瞬く間に薄暗くなり「ゴロゴロ」音がし始めた

夕立だ

火照った大地に雨を届け涼をもたらす



少し前の日本の夏はこうだった

しかし、もうこんな夏は無くなっていくのだろう

「積乱雲」

いつしか危険を知らせる指標となってしまった。
















[PR]
# by warutorawa | 2017-07-16 00:30 | 空の記憶 | Trackback | Comments(2)

ネイティブ ブルー




d0334825_22314755.jpg



d0334825_22311394.jpg


なんの変哲もない山の中

行くときは晴れていて、存在にすら気ずかなかった

帰り道、一雨降ってその可憐なブルーにやっと気がつく

柄にもなく暫し眺めてみた

いいもんだ。







[PR]
# by warutorawa | 2017-07-14 00:30 | 青い記憶 | Trackback | Comments(0)

サッパリと牧野




d0334825_22080124.jpg



d0334825_22093857.jpg


高校球児に勝るとも劣らない

見事な丸刈り

種山ヶ原も男前になりました。


  (少し前の写真になります)






[PR]
# by warutorawa | 2017-07-12 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

四季折々の情景を気ままに写し撮って行きたい。気軽にお寄りください。