遠野荒川高原 1



d0334825_23492761.jpg




d0334825_20430796.jpg



d0334825_20455812.jpg




嵐が去った後の荒川です

嵐というのは寒冷前線のことで この日の昼にかけてここを通過したのです

ラジオでは雷雨注意報が発令され、突風による被害に十分ご注意との事でした。

この写真は前線が通過しておよそ2,3時間後の風景になります。

通過時の写真は後ほど...!


山の天気は豪快です。



                      ー遠野ー







[PR]
トラックバックURL : https://monadonox.exblog.jp/tb/23577579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youko19530222 at 2016-10-27 09:39
きれいな写真✨ お馬さんは野生ですか?
Commented by warutorawa at 2016-10-27 19:26
> youko19530222さん
こんばんは。
馬は野生馬ではありません。流鏑馬や観光馬がほとんどです。
時にはSLと並走もするんですよ。
今は高原でのんびりと保養中ーーといったところですね。
いい景色ですよ ^^
Commented by marucox0326 at 2016-10-27 22:09
こんばんわ。
ああ~ここは遠野市荒川高原というところなのですね。
馬が放し飼いされているとか。紅葉も美しいですね。
随分前ですが、柳田邦夫ではなく井上ひさしの「新釈遠野物語」は読みました。
彼もまた東北人(かなり変わった人物ですが作品は好きでした)

厳しい冬が来る前の、短い穏やかでのどかな風景なのでしょうか。
Commented by warutorawa at 2016-10-28 17:35
> marucox0326さん
こんばんは。
高原の秋はあっという間に過ぎていきますね。
私は「新釈遠野物語」は読んだことが無いけど、井上ひさしの本は
何冊か読みました。「吉里吉里人」や「宮沢賢治に聞く」など地元ゆかり
の話がおもしろかったですね。

「ひょっこりひょうたん島」のあの島も岩手の実在の島ですもんね。
何かと縁のある作家さんです。^^

荒川高原はとても牧歌的なところですよ。
名前
URL
削除用パスワード
by warutorawa | 2016-10-27 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)