荒れ狂うなかで




d0334825_19443177.jpg


d0334825_19434326.jpg




ここ数日は最高気温が氷点下だったが、昨日は一休みが出来た

とはいえ、ひとたび風が吹けば体感温度は急降下してしまう

遮るものがない平地では吹雪があちこちで吹き荒れていた

そんな日でも夕暮れが迫る頃には本土ぎつねが獲物を求めてさ迷い出すのです

なんてたくましい奴らだ








[PR]
トラックバックURL : https://monadonox.exblog.jp/tb/26394665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ymama1957 at 2018-02-01 10:10
おはようございます。
>>荒れ狂う が本当にぴったりの景色に思わず身震いしてしまいました^^
雪原を生きる生命力にも胸が熱くなる思いです。。
こんな世界はリアルには見たことも無いので出来れば一度。。と呑気なことですよね
ベージュのきつねがつい最近逝った愛犬に似ていて少しホロリしてます。
Commented by warutorawa at 2018-02-01 20:10
> ymama1957さん
こんばんわ。
北の地方の冬は本当にきびしいですよ。
そのせいでも無いのでしょうが、春の雪解け時は
命の目覚めがとても劇的なんです。
キツネも懸命に生きているんでしょうね。
Commented by m-masako77 at 2018-02-05 20:13
狐のいる風景がとてもきれいです。
厳しい寒さに耐えいるのに雪の無いところにいるからこんなピンボケのコメントになるのでしょう。
ごめんなさい。
Commented by yuta at 2018-02-06 11:54 x
こんにちは
本土きつねはえさを求めて吹雪の中を徘徊しているのでしょうか?
Commented by warutorawa at 2018-02-06 19:32
> m-masako77さん
はじめまして。
とても厳しい自然環境ですが、少しでも日が差すと
とても美しい景色がひろがりますね。
キツネもそんな僅かな時間に餌探しに夢中になるようです。
Commented by warutorawa at 2018-02-06 19:35
> yutaさん
こんばんわ。
雪の下の僅かな気配を察知して狩りをしているようです。
周りはリンゴ畑なのできっとネズミを捉えようとしているのでしょう。
名前
URL
削除用パスワード
by warutorawa | 2018-01-29 00:30 | 大地の記憶 | Trackback | Comments(6)