桜堤に残る白鳥



d0334825_18285984.jpg




d0334825_18282596.jpg




d0334825_18280382.jpg




渡りを諦めたのだろう。

こんなに白鳥が残っているなんて、ここでは初めてのことだ。

けがをしたのだろうか、それとも今年の冬の厳しさに体力を消耗したのかな?

満開の桜の下で佇む白鳥に寂しさを感じる。

上手く夏を乗り越えてほしいものだ。

来年の春は大きく羽ばたいて帰ってくれよ。




[PR]
by warutorawa | 2018-04-26 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(4)

ツルのマーク



d0334825_20393124.jpg





真冬の寒波が居座り続ける毎日ですが、太陽が回る位置は明らかに高くなった

長く伸びていた影もだいぶ短くなって、その分明るさが増したようです

ツルのマークも楽しそうに離陸を待っている感じ・・・ですな!





[PR]
by warutorawa | 2018-02-23 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(4)

キーンと澄んだ霜の朝




d0334825_14535418.jpg


d0334825_14540405.jpg


d0334825_14534246.jpg




前回の投稿から大分日が経ってしまった。
季節の変わり目ごとに体調を崩すという失態が続き、それに伴って写欲までもうせていました。
そんなこんなでバタバタしているうちに季節は変わり、気がつけば新年を迎えていたという。(笑)

最近は強力な寒波が私の住む町にもやってきて、毎朝雪掻きだの車のウインドウの氷搔きだのと
ほとほとウンザリしております。
そんな中でふと見渡してみると、キーンと冷えた空気のなかで降った霜の綺麗だったこと、
久々にカメラのシャッターを押してみました。

これからまた少しづつ写真を撮って歩きたいと思っています。
遅れましたが、寒中お見舞い申し上げます。









[PR]
by warutorawa | 2018-01-15 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(4)

白鳥のおねだり




d0334825_22080982.jpg


d0334825_22075355.jpg


白鳥の名所である盛岡の高松の池によってきた

今年も元気な姿を見ることができました

が、例年に比べると若干数が少ないように思われた

う~ん、餌付けの禁止がかなり影響しているのだろうか?

しかし、よく考えてみると餌付けをしてみたり、禁止にしたりと、まぁ~随分ご勝手な人様なことで・・・

私の住んでいる近くに、「白鳥飛来の池」という看板を立てた沼があるが
昔は多くの人が餌やりに訪れていた。
しかし、鳥インフルの影響で餌付けの自粛が行われて以来
この沼を訪れる白鳥は殆どいなくなった。
今は、立派な看板だけが誇らしげに建っている

ひとの身勝手さをなんと思っているかは分からないが、とりあえず「お疲れ様」と声をかけてみた。






[PR]
by warutorawa | 2017-12-26 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(4)




d0334825_17243323.jpg


d0334825_17353940.jpg


d0334825_17245719.jpg




落ちきれない枯葉がとてもなごり惜しそうだ

冬将軍と言うにはまだ早すぎる

体が寒さに順応していないせいか、この時期の人々は真冬よりも背中が丸く見えるのです

体も気持ちもまだ準備中のこの季節

久々にスコッチをホットで飲みたい気分かな....










[PR]
by warutorawa | 2017-11-27 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(4)

ゆき舞う北上川 2



d0334825_18015112.jpg


d0334825_18032016.jpg


d0334825_18174412.jpg




暖かい地方の三月は草花とにらめっこの毎日

北国の三月は雪とにらめっこの毎日だ

日々一喜一憂。



                   ー花巻ー


[PR]
by warutorawa | 2017-03-10 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(2)

ゆき舞う北上川 1




d0334825_22085556.jpg




d0334825_22094901.jpg




d0334825_22082962.jpg




d0334825_22141455.jpg




数日前には、平地の雪はほとんど消えていた

このまま春へ突き進むのかと思ったが、そう甘くはなかった

それでも雪に真冬の冷たさは無く、季節は着実に進んでいるようだ

三寒四温とはよく聞く言葉だが、この辺りじゃ既に「五寒六温」はいったな・・・

ま、焦らず待つとしましょう。



                                  ー花巻ー









[PR]
by warutorawa | 2017-03-09 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(0)

ホワイト・アウト




d0334825_20051137.jpg

d0334825_18071825.jpg



d0334825_20301030.jpg

d0334825_20304282.jpg



凄まじい地吹雪は防風林の中をも駆け抜け、くっきりと白い爪痕を残していた

奥羽の峰を駆け下りてきた季節風は、最後の大暴れをしていたようです

春は三寒四温を繰り返し訪れるというが、これ程のリバウンドは久しぶりだ


この辺の道路には吹き溜まりを防止するため、至る所にシェルターが設けられているが

この日ばかりはあちこちで視界が0になっていた

こんな地吹雪に巻き込まれたときはハザードランプを点滅させ停車し、視界の回復を待つ

後は追突されないように神に祈るのみだ (笑)


ホワイトアウト・・・北海道に限った話じゃない。



                                      ー花巻 太田ー



















[PR]
by warutorawa | 2017-02-25 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(8)




d0334825_20464427.jpg


d0334825_21023813.jpg




水がキラメキ

鳥がさえずる

辺りには草花が彩り

人々が佇む


その日が来るまで静かに待つ



                        ー大迫 早池峰湖ー



[PR]
by warutorawa | 2017-01-29 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(4)

静かな神楽里




d0334825_20255726.jpg




d0334825_20261300.jpg




d0334825_20254238.jpg




早池峰岳集落の静かな冬

古くから修験者の修行の場として信仰されてきた霊峰早池峰

この集落に伝わる神楽の舞はユネスコの無形文化遺産に登録されている

ここの冬は、あくまでもひっそりと過ぎていきます




                            ー花巻 大迫ー





[PR]
by warutorawa | 2017-01-26 00:30 | 白い記憶 | Trackback | Comments(0)