カテゴリ:高原の記憶( 36 )

雨上がりの山並み




d0334825_18524964.jpg


雨があがって雲がはなれていく

至る所から(のろし)が上がっているようで面白かった。



[PR]
by warutorawa | 2018-10-04 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

牧草ロール




d0334825_20574943.jpg


d0334825_21201468.jpg




台風が近づいています

そして天気は急変します

十分ご注意ください。


[PR]
by warutorawa | 2018-08-09 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

涼風吹き抜けて




d0334825_22113695.jpg




d0334825_22111172.jpg




なんて涼しいのだろう

山を下りるのが嫌になった

この日ばかりは牛になりたい気分だ (笑)

麓にくらべ5度も低い、空気も澄んでいる

放牧地は極楽である!



[PR]
by warutorawa | 2018-08-02 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

高原にたたずむ




d0334825_20533612.jpg




ここ数日うだるような暑さが続いている

7月に入ったばかりというのに、どうなっているのだろう。

エアコンのお世話になるのもいいが、天然クーラーのほうが心地良い

そんな訳でお気に入りの牧野へ逃避行と相成りました。(笑)

4~5℃は違います。



[PR]
by warutorawa | 2018-07-03 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(0)

放牧開始




d0334825_16591948.jpg




d0334825_16594779.jpg




半年ぶりに牧野に牛が戻ってきた。

平地では桜も林檎の花も終焉ですが、ここの山桜は綺麗に咲き誇っていました

天気に恵まれたおかげで、とても牧歌的な風景を堪能できた

静かな高原に聞こえるのは牛の鳴き声と、ひばりのさえずり

あとは心地いい風の音だけでしたねー。





[PR]
by warutorawa | 2018-05-16 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(8)

迫る藍色




d0334825_23145723.jpg




d0334825_22570621.jpg




早池峰山の雲が取れるかなと思い頑張ってみたが

闇が静かに迫ってきたので、この辺が限界でした

風もだいぶ収まり、周りは少し怖いほどの静寂に包まれた

時おり野生のシカの雄たけびが響き渡りドキッとさせられる

そろそろ「もののけ」の時間かな?  (笑)








[PR]
by warutorawa | 2017-11-15 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

小金色の夕暮れ




d0334825_13344056.jpg


d0334825_13181806.jpg


d0334825_13183969.jpg




北上高地の牧野にも静けさが戻ったようです

夏の間、青々とした牧草をのんびり食べていた牛君たちも居なくなった

皆、それぞれの牛舎へ里帰りしたようだ

後に残った馬達は、ここが真っ白くなるまで残るのかな?

それにしても夕陽のオレンジ色が大地に染みるなぁ~

哀愁タップリの風景はとても愛おしい。












[PR]
by warutorawa | 2017-11-14 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

草を食む




d0334825_23192374.jpg


d0334825_23195253.jpg




たべる、たべる、とにかく食べる

自分のまわりが全て食べ物とは

なんて幸せな奴らだ






[PR]
by warutorawa | 2017-09-20 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(4)

つかの間の秋晴れ




d0334825_23080953.jpg




d0334825_23084780.jpg




d0334825_23074302.jpg




このところの曇天で体のエネルギーが不足していたが

この時とばかりタップリ充電してきた。



[PR]
by warutorawa | 2017-09-02 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)

貞任牧野 3




d0334825_20244938.jpg





d0334825_20241250.jpg




......西の山では雨もふれば
ぼうと濁った陽もそそぐ......
それから風がまた吹くと
白いシャツもダイナモになるぞ
......高いとこでは風のフラッシュ
燕がみんな灰になるぞ......


                    ー宮沢賢治「九月」よりー




[PR]
by warutorawa | 2017-07-30 00:30 | 高原の記憶 | Trackback | Comments(2)